top
top
4ab6df04122e10e3352cf37ba87d5052_s

あなたに配偶者(夫)がいる場合「配偶者控除」が適用されています。
パート勤めの方などで多く働いている方は、103万円を超えて扶養控除の対象外にならないよう、気を付けている方もいるかもしれません。

給与収入のみなら、103万円以下が扶養控除の適用となります。
チャットレディの活動のほかに会社勤めをしているなら、「チャットレディ所得」38万円以下が配偶者控除の条件です。
もしも38万円を超え76万円未満(同141万円未満)なら「配偶者特別控除」です。

 
チャットレディの給与システムで考えてみましょう。

報酬は出来高・歩合、分給制です。
サイトによって報酬金額は多少違います。チャット時間1分につき30~60円くらいです。

家事に育児に忙しい合間を縫って、週3回3時間チャットできた場合、
1日180分、1週間で540分、1ヶ月で2160分がチャットした時間です。
この時間を分給最低30円で単純計算すると、その金額は64,800円になります。

 
配偶者控除対象外になるかどうかは、1年を通して稼いだ金額で決まります。

64,800円×12ヶ月=777,600円

38万円以上にはなりますが、この77万円から洋服、化粧品、Webカメラなど、
チャットの活動において必要となった、経費を引かなければなりません。
必要経費を差し引いても、38万円以上の報酬となった場合は、納税の義務が発生します。

 
けれど、チャットレディの活動では報酬に結びつかない「待機時間」が存在するので、
チャットレディをはじめたばかりのときは、
1日180分すべてが報酬となる単純計算が当てはまるとは考えにくいのです。

チャットレディの活動が本業である女性のチャット時間帯は、深夜~朝方まで。
たくさんのファンを抱えた方のチャット接続は、1日5時間から7時間と言われています。

空いた時間だけにチャットに取り組んだとしても、配偶者控除対象外になるとは考えにくいので、
あまり気にせず興味があれば、一度体験してみる方が早いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
top

関連記事

ページ上部へ戻る