top
top

副業チャットレディは住民税で会社にバレる!バレない確定申告の裏技

iphone-926585_640

普段はOLさんとして働いていて、
副業としてチャットレディのお仕事をしている人はたくさんいます。
最近では、従業員の副業を認める会社も増えてきましたし、
たとえ副業がバレたとしても、その仕事内容まではわからないのですが、
「会社にバレずに副業をしたい」と思う方は多いのではないでしょうか。

 
チャットレディは在宅でできるので、「働いている」という感覚が希薄になりやすいのですが、報酬をもらっているということは一定の所得があれば所得税のための申告、つまり確定申告が必要になります。

チャットレディとしての所得が、年間20万円以下であれば、確定申告は必要ないので会社にバレる心配はありませんが、それ以上になった場合は申告する際にテクニックが必要になります。

 
どのような仕組みで、会社に副業がバレるかというと、
まずあなたが確定申告をすると、その所得によって住民税が決まります。
その金額は会社に伝えられ、会社がその分を給料から天引きします。

この時点で、他の従業員と比べて、住民税があまりにも多いと
目立ってしまって、副業がバレてしまうという仕組みです。
つまり、副業分にかかる住民税を自分で支払ってしまえば
会社にはわからないということです。

 
やり方はとても簡単です。
まず税務署で「所得税の確定申告書A」という用紙をもらいます。

確定申告の際に、住民税の徴収方法の「普通徴収(自分で納付する)」にチェックします。
そうすると、副業分の住民税の徴収票が自分あてに送られてきますので、直接支払いをすればOKです。

 
会社では今までどおり、給料分に関してだけ天引きとなるので、
会社にバレることなくチャットレディのお仕事をすることができます。

「特別徴収」にチェックしたり、チェックを忘れてしまうと、
会社に請求がいってしまいますのでつけ忘れのないように、気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
top

関連記事

ページ上部へ戻る