top
top

在宅チャトレは確定申告で家賃も経費にできる

3362f7e1e2375476e58de70945b94ce0_s

チャットレディが人に言いづらいお仕事とはいえ、
働いている以上はお仕事なので確定申告を行いましょう。

確定申告をしなくてはいけない人は
チャットレディだけお仕事をしている場合、一年間のチャット収入が「38万円以上」
他の仕事をしていて、副業としてチャットレディをしている場合は「20万円以上」
となります。

一年の収入がそれを越えなければ、確定申告をする必要はありません。

 
一般的に103万円を超えたらと聞きますが、チャットレディは普通の会社のように
雇用されて給与を支払われているわけではなく
チャットの運営会社と業務請負契約をして、報酬を支払われている形になります。

103万円というのは、基礎控除38万円に給与所得控除の65万円を足した金額ですので
給与ではなく報酬をもらうチャットレディは、
給与所得控除がないため38万円以上で税金がかかってくるのです。

確定申告が必要な場合、いろいろなものが経費として計上できますので、
できるだけ計上して、税金をおさえましょう。

 
その中でも、在宅のチャットレディは家賃を経費として計上できます。

家賃のすべてを経費にすることは無理なので
自宅をプライベートで使う%と仕事で使う%に分けます。

その仕事で使う%が経費になります。
半々の場合は、家賃の半分が経費として計上できることになります。

その割合の決め方は、仕事用スペースの面積で考えてください。
2部屋以上は認められにくい傾向があるので、適度な割合を出しましょう。

 
その他にも、通信費やパソコン関係、コスプレなど衣装代、照明、ウェブカメラなど
チャットレディに必要なものが色々経費にできますので、領収書は取っておきましょう。

光熱費も入りますが、水道代、ガス代などは認められにくく、
電気代は家賃と同じように仕事とプライベートを分けた形で計上することができるようです。

難しくて面倒だとは思いますが、しっかり確定申告をしましょうね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
top

関連記事

ページ上部へ戻る