top
top

学生チャットレディは注意!親の扶養から外れると、税金が増えます

5bce280cb4030697a9a0b81c501d4be3_s

大学生にも人気のチャットレディのお仕事は、勉強の合間にちょっとお小遣い稼ぎができて、ライフスタイルにもピッタリなお仕事ですね。
でも頑張って稼ぎすぎてしまうと、
逆に手取りが少なくなってしまう場合があることは、ご存知でしょうか?

 
学生チャットレディの皆さんに、絶対に覚えておいてほしい言葉があります。
それは「103万円の壁」という言葉です。

1年間にチャットレディで稼いだ金額が、この金額を越えてしまうと、親の扶養から外れてしまいます。親の扶養から外れるということは本人の税金負担が増えるだけでなく、親の税金も上がります

 
それは、親があなたを扶養家族とすることで、扶養控除という、税金面でのメリットを受けているためです。
子が親の扶養から外れてしまうということは、想像以上に家族全体の大きな負担となります。

学生チャットレディの場合は、
「両親にバレずにお仕事をしたい」という人が多いと思いますので、
扶養から外れてしまうと、その時点で高額な報酬のあることがバレてしまいます。
学業の合間のアルバイトであれば、この範囲内におさめたほうがいいでしょう。

 
もう一つ覚えておいてほしいのが、
「年間のチャット報酬が38万円を越えた場合、確定申告が必要」
ということです。

確定申告は、所得に応じて所得税を払うための申告なので、
所得税のかからない38万円以下の場合は必要ありません
でも、それ以上の所得(ここでいうチャット報酬)がある場合は、申告が「義務」となり、
必ず確定申告をしなくてはならなくなります

つまり、38万円以上働くと、所得税をとられるということです。
所得税の税率については国税庁のホームページなどで調べられますので、確認してみて下さい。

 
外でアルバイトをしているときは源泉徴収といって、バイト先が税金を納めてくれている場合がほとんどですが、チャットレディのお仕事にはそれがありません。(まれに源泉徴収のある会社もあるようですが)

扶養の仕組みや確定申告について、学生チャットレディの方もしっかり把握しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
top

関連記事

ページ上部へ戻る